FC2ブログ

第63回茨城県社会福祉大会

 秋晴れの10月31日(木)、水戸市の茨城県立県民文化センターを会場に「第63回茨城県社会福祉大会」が開催されました。
 古河市は54名の方が表彰されました。54名の方は、民生委員児童委員、社会福祉施設職員、ボランティア、社会福祉援護功労者、自立更生者、共同募金運動奉仕者の方たちで、多年にわたり社会福祉の発展に功績のあった皆様です。
 当日は、54名の内、40名の方が大会に参加されました。式典では、羽部喜代司様と渡邊一雄様が、顕彰種別の代表として登壇され受賞されました。
受賞者の皆さんとはんどちゃん
受賞者の皆さんと「はんどちゃん」

羽部喜代司様
羽部喜代司様

渡邊一雄様
渡邊一雄様

 式典の前におこなわれた記念講演では、「あきらめない心」とういう演題で佐野 有美(さの あみ)さんがお話をされました。
 佐野さんは、先天性四肢欠損症で生まれ、左足と3本の指で生活をされています。高校在学中には、チアリーディング部に所属され、自らの詩集「あきらめないで」はCDになり歌でも活躍されています。
 明るく元気に話をしてくれる佐野さんから私達が元気と勇気をいただいた素晴らしい講演でした。
宇都木会長も感激され「古河市の人にもぜひ聞かせてあげたい。」と申していました。
 来年度は古河市社会福祉協議会でも社会福祉大会を開催します。表彰される方にも参加される方にも思い出となるような素晴らしい大会にしたいと思います。
佐野さんを囲んで
佐野有美さんを囲んで
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment